3.0テスラMRI
超伝導磁石式全身用MR装置
Magnetic Resonance System
 Signa HDxt 3.0T Optima Edition 23.0
MRIとは
MRIは強い磁石と特殊な電波の力により人体内部の構造を鮮明にみることができる最新の医療用画像診断装置です。頭部領域の小さな疾患や整形外科領域、腹部領域などの全身各部位の診断に役立ちます。
MRI
検査について
MRI検査はベッドに寝ているだけで体の向きをかえることなく、様々な断面の撮像が可能です。 造影剤なしでも血管撮像が可能といった特長があります。(検査内容によっては造影剤を使用することがあります)
<MRI検査による画像例>
当院では GEヘルスケア製 Signa HDxt V23 3.0T を導入しています。
MRI検査について不明な点や不安なことがありましたら、お気軽に当院医師または技師にお尋ね下さい。
1.5テスラ超伝導MRI/マルチスライスCT
1.5テスラ超伝導MRI
高速撮影による大幅な時間短縮が可能になりました。脳ドックでは脳全体と頭・頚部の血管の状態を見ることができます。このため患者さんは従来より快適、また安全に検査を受けることができます。
MRI
マルチスライスCT
CT検査とは、コンピューター断層撮影の略語です。原理は通常のレントゲン写真に近い要領で写真を撮るのですが、患者様には右写真のような輪の中に入っていただき、他方向から撮影したデータをコンピューターで計算して体の断面の画像を観察します。
マルチスライスCT
Copyright(C) Brainpier Minamiohta -All rights reserved-